温泉で浴衣を着た時のオススメの帯の結び方はコレ!

   

スポンサードリンク


「温泉にある浴衣の帯ってどうやって結ぶのが正解なの?」

温泉に行くと必ず部屋に置いてある浴衣。

浴衣を着ると

「温泉に来た〜!!」

という感じが一気に出ますよね!

 

しかし、温泉旅館に置いてある浴衣って、お祭りや花火大会の時に着る浴衣と違い、帯の結び方に困ったことってありませんか?

 

前で帯を結ぶのか、それとも後ろで結ぶのか。

 

今回は温泉旅館で働いている私が、オススメの浴衣の帯の結び方と、女度を下げないための浴衣を着た時の注意点を紹介します!

スポンサードリンク

帯は断然、蝶々結びが可愛い!

これは私の個人的な意見になりますが、浴衣の帯は脇腹あたりで、蝶々結びをするのが断然可愛い!!

 

私も温泉旅館に行って浴衣を着たら、帯は脇腹あたりで蝶々結びをします。

温泉にある浴衣の帯は、普通の浴衣の帯と違って細めで柔らかいので、簡単に蝶々結びができちゃいます。

 

 

私は温泉旅館で働いているので、浴衣を着たお客さんを毎日たくさん見ます。

女性のお客さんで断然多いのは、この蝶々結びですね。

 

 

たまに普通の浴衣のように、後ろで帯を結ぶ人も見ます。

しかし、私は蝶々結びの方が温泉の浴衣にはしっくり合うような気がします。

 

寒い時は浴衣の上に丹前(たんぜん)という上着を着るので、帯が後ろにあると背中がごわついて着にくいです。

 

 

温泉の浴衣はパジャマと同じ

温泉にある浴衣はパジャマと同じなので、普通の浴衣よりゆったりしています。

なので、帯も蝶々結びでラフに結ぶぐらいがちょうどいいです。

 

しかし、ゆるく結びすぎて、着崩れしている若い女性もよく見かけるので、そこは要注意です!

 

 

浴衣を着た時の注意点

私はたまに、

 

「せっかく浴衣を着て女度をあげてるのに、もったいないな〜」

 

と思う時があります。

 

それはどういう時かというと、

  • 浴衣の襟が左前になっている
  • 食事会場で、浴衣なのに足を開いて座る
  • 浴衣の袖をまくし上げる

 

こういった女性を見ると、「あ〜、もったいない。残念だな。」と思います。

 

浴衣は右前!!

右襟を下にして着るのが正しい着方です。

左前は死人の着方と言われ、縁起が悪いので注意してください!

 

もし着方に迷ったら、

「右手がスッと襟に入るように着る」

と覚えておくといいですよ!

 

 

浴衣を着ている時は品よく座る

食事会場でテーブル席に座って食事をとる場合や、部屋食で座ったまま食事をとる場合があります。

確かに、普段着慣れない浴衣で座り心地が悪いかもしれませんが、座敷であぐらをかいたり、足を開いて座っている女性がいます。

 

部屋食であれば一緒に食事をするのは、友達や、彼氏、家族だけですが、食事会場には他にもお客さんはいますので座り方には気をつけましょう。

 

浴衣の袖をまくし上げない

夏祭りや花火大会で、甚平や浴衣を着た中学生ぐらいの子達がよく肩まで袖をまくし上げていますよね。

それと同じことを、いい歳した女性がするのはやめましょう。

 

確かに、浴衣の袖が邪魔になり料理が食べずらい気持ちはわかります。

しかしせっかくの浴衣なので、女度を逆に下げないように気をつけましょう!

 

 

まとめ

上記で書いた注意点は、決して難しいものではありませんし、できている人がほとんどです。

できていないのは少数派です。
あなたには、その少数派になってほしくはありませんので、ぜひ頭の片隅にでも置いておいてください。

 

せっかくの温泉旅行で浴衣を着るのですから、可愛く帯を締めて浴衣美人になりましょう!

 

 

 

★温泉に入る時のマナーは大丈夫?
温泉の入り方掛け湯以外のマナーは知ってる?温泉地で働く私が紹介!

温泉はタオルで身体を隠すのがマナー?温泉好き女子がお答えします!

 


スポンサードリンク

 - 豆知識