オークションで洋服を高く売るコツはこれ!経験者が解説!

スポンサードリンク


Pocket

「オークションに出品したけど、全然高く売れない!」

 

 

オークションに出品する時、少しでも高く売りたい!

と思いますよね。

 

人気のブランド品ならある程度の金額で売れたりしますが、ノーブランドの洋服だと思ったほど金額が上がらなかったり。

同じ商品を出品している人は高く売れてたのに、いざ自分が出品すると入札が入らなかったり。

ウォッチリスト登録者は増えるのに、誰も入札してくれなかったり。

 

 

オークション経験者ならこれって結構あるあるだったりしますよね?

 

 

そこで、オークション取引250回以上の私が実践していた、オークションで洋服を高く売るコツを紹介していきます!

スポンサードリンク

 オークションで洋服を高く売るコツとは?

私もオークションを始めたばかりの頃は、思ったほど値段が上がらずに落札されるという経験が何度もありました。

しかし、オークションの取引を重ねるにつれてだんだんと入札数も増え、

 

「期待していた金額よりも高く落札された!」

 

ということが多くなってきました。

 

それでは、そのコツを解説していきます!

 

 

画像はウソいつわりないように、そしてきれいに撮る!

まずは、何と言ってもこれが大事!

オークションで人目を引き付けるのは、商品画像です。

 

ブレたり、画像が暗くなりすぎないようにしましょう。

 

出品の際、床に商品を置いて写真を撮る場合や、ハンガーにかけて商品の写真を撮る場合があると思います。
どちらにせよ、商品以外のものが写りこまないように!

 

例えば、床に洋服を置いて上から写真を撮る場合、自分の足が入りやすいので要注意!

 

 

そして写真を撮ると実物と色味が変わってしまうこともあると思います。
その場合、明るさ調整などで画像を加工してなるべく実物と同じ色に近づけましょう。

加工してもなかなか実物と色味が近づかない時は、

「実物はもう少し明るい○色です」

と記載をしたり、

「画像○枚目の色味が一番実物に近いです」

と記載しておくと親切です。

 

それと、汚れやキズ、色あせがある場合はきちんとその部分の画像も載せる!

 

私は商品説明に、どこに何センチの汚れ、キズ、色あせがあるかも記載します。

こうすることで、購入者からのクレームも防ぐことができます。

 

 

 

サイズ、平置き寸法を記載

私は、洋服を出品する時はサイズや平置きでの寸法も必ず記載します。

 

お店で買い物をする時は、試着をしてサイズ感を確かめることができますがオークションではそれができませんのでしっかりサイズを記載するようにします。

 

この時に洋服のタグに書いてあるサイズと、品質表示(素材や洗濯マークが書いてある)のタグも一緒に画像を撮って載せると購入者は素材感もイメージしやすいです。

 

 

 

コーディネートのポイントも一言添える

例えば、紺色のトレンチコートを出品したとします。

この時に私ならこんな一言を添えます。

「きれいめにも着こなせますし、インナーにグレーのパーカーを合わせるとカジュアルにも着こなせます。1枚あると着回しができて便利ですよ!」

 

こう書かれていると、試着はできなくても紺色のトレンチコートを着ている自分をイメージしやすくないですか?

 

 

そう、この一言を書くことで、購入を検討している人に

 

「服を着ているイメージをしやすくさせる」

 

のです。

 

それに、

「着回しができて便利」

と言われると

「買って損はしないな」

と思ったりしませんか?

 

 

先ほども、「品質表示を載せることで素材感をイメージしやすい」と書きましたが、洋服を買うか迷っている人に購入を決断させるには、

 

 

その洋服を着ている自分をイメージさせることが大事

 

 

なのです。

 

もし可能であれば、着用画像も合わせて載せるとさらにイメージが湧きやすいです。

 

 

あなた自身も、オークションで洋服を購入したり、ネット通販で洋服を購入する時、その洋服を着ている自分を想像したりしませんか?

 

手持ちの洋服と合いそうだな

とか、

これにこないだ買った靴を合わせよう

とか考えたりしませんか?

 

逆に、自分自身がその洋服を着ているイメージができないものって買わないですよね。

 

 

 

まとめ

以上が私が実践していたオークションで洋服を高く売るコツです。

 

  1. 画像をきれいに撮り、キズや汚れ、色あせがある部分もきちんと載せる
  2. サイズや平置き寸法を記載
  3. コーディネートのポイントを書く

 

ぜひ試してみてください。

 

 

オークションで使える文言集も参考にどうぞ!
オークションで使える好印象な文言を経験者が教えます!入札・落札編

 

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です