振袖で結婚式に出席する時のマナーとは?経験者が解説します!

スポンサードリンク


Pocket

友達の結婚式に招待された時、

 

「結婚式何着てく?」

「みんなで振袖着ようよ!」

 

という会話になったことってありませんか?

 

私は高校時代の友達の結婚式で、振袖を着て行った事があります!
その時は仲が良い友達4人で振袖を着ていきました。
私は振袖を持っていたので、着付けとへアセット代で15,000円ぐらいでした。

振袖を持っていない人は振袖のレンタルがおすすめ!
10,000円〜レンタルできるので、結婚式に着ていくワンピースを買うのと同じくらいの値段で振袖が着れますよ!


結婚式に振袖を着ていくと、会場が華やかになるので新郎新婦に喜ばれます。

ワンピースで結婚式に出席する時と同じ様に、振袖で出席する時もマナーはあります。

あなた自身が恥をかかないように、また新郎新婦にを恥じをかかせない為にも事前にマナーを確認しておきましょう!

 

スポンサードリンク

結婚式で振袖を着る時のマナーとは?

 

出典:着付けスタジオ華

成人式はあなたが主役でしたが、結婚式の主役は花嫁さんです!

振袖は着ているだけで華やかですので、成人式の時の様に気合いを入れてメイクも髪型も派手にしてしまうと花嫁さんより目立ってしまう可能際があるので注意が必要です!

 

では一つずつ解説していきます!

振袖も白は着てはいけない?

洋装で行く際は、「白は花嫁の色だから着てはいけない!」と言われますよね。
これは白のワンピースを着ていくと、花嫁のウエディングドレスを連想させる為着てはいけないという事です。

 

しかし振袖の場合は、

 

 

白を着ても大丈夫です!

 

 

というより、振袖は未婚女性の正装ですので、結婚式で着てはいけない色はありません!

なぜかというと、振袖は無地ではなく柄が有り、色も多数使われています。
帯も華やかな物を身に付けるのでとても色鮮やかになります。

和装でも白無垢がありますが、これは頭の先から足の先まで白一色。
同じ着物でも、このように比べてみると白い振袖と白無垢では全く違いますので心配する必要はないです。

 

そして、黒い振袖もマナー違反ではありません。

しかし、もしお色直しで花嫁が和装の「黒引き振袖」を着るなら避けた方が良いかもしれないですね。

WhiteFurisode000_Fotor_Collage

上記の画像の左が黒引き振袖、右が振袖です。
立った状態だと違いが分かりますが、座った状態で写真を撮る時、上半身はどちらも同じ様に見えてしまうので私なら避けます。

 

マナー上は何色の振袖でも問題ありませんが、もし心配であれば一度花嫁に確認することをおすすめします。

 

私の友達は白い振袖だったので、事前に花嫁にその事を確認していました。
花嫁のご両親も

「白でも問題ないから是非着てきて〜!」

と振袖を着ていく事をすごく喜んでくださっていたみたいです。

私もお色直しのカラードレスと色が被るのが心配だったので、事前に私が持っている振袖の色を伝えて確認しました。

 

花飾りは付けても大丈夫?

 

基本的に髪型はシンプルにまとめるのが、マナーです。

間違っても成人式の様に、派手な髪型にするのはやめましょう!

 

振袖は着ているだけで、華やかなので目立ちます。

大きな花飾りは避け、かんざしや小さめの髪飾りをワンポイントで付けるのがおすすめです。
洋装の時も髪型はアップにしても、大きな髪飾りはつけませんよね。

 

私が振袖で結婚式に出席した時は、小さいパールの髪飾りをワンポイントで付けました。
一緒に振袖を着た友達は髪飾りを付けていない子もいましたし、私と同じ様に小さめの物を選んで付けていました。

 

今は和装にも合う編み込みスタイルが多いので、そういった髪型にしてもらうと髪飾りがなくても可愛く見えますよ!

 

振袖に合わせるバッグやアクセサリーは?

バッグは成人式で使った物を使用して大丈夫です。

しかし、バッグが小さすぎてご祝儀が入らない時は振袖に合うサブバッグを持ちましょう。
ショッパーの様な紙袋をサブバッグとして持つのは、結婚式にふさわしくないです。

 

アクセサリーですが、私は小さいパールのピアスを付けました。
振袖には基本的に、ぶら下がるピアスや、大振りのピアスは避けた方がベターです。

 

ネックレスも振袖には合いませんので外しましょう。

振袖も浴衣を着た時と同じ様に、襟の後ろを少し下げてうなじが見える様に着付けをします。
その時にネックレスが見えてしまうのは、せっかく綺麗に着付けてもらった振袖も台無しです。

 

立ち振る舞いもマナーの一つ(動画有り)

立ち振る舞いも、振袖を着た時のマナーの一つです。
普段着物に着慣れていないので、私は歩きづらかったり、座りづらいと感じました。

食事をする時も袖を汚さない様にしたりと、普段の何気ない動作にすごく気を使います。

 

こちらの動画に、

「歩き方、椅子の座り方、車の乗り降り、階段の上り下り、お手洗い」

の基本マナーが紹介されていますので、参考にしてみてください。
着付け担当の方にも聞けば教えてもらえますが、一度自分の目で確認しておくと、振袖を着た時にスムーズに対応できますよ。

※再生時間3:40、再生の際は音量に注意してください

 

まとめ

以上が振袖を着る時のマナーになります。

振袖を着て結婚式に出席をすると、新郎新婦はもちろん、親族の方もとても喜んでくれます!
私が振袖を着て行った時は、新郎側の親戚の方々にも「華やかでいいわね〜!」と声をかけていただきました。

 

成人式が終ってしまうと、振袖を着る機会は減ってしまいます。

振袖が着れる期間も、機会も限られてきますので仲が良い友達の結婚式は是非振袖で出席してみてはどうでしょうか?

その際はくれぐれも、「花嫁が主役」という事を忘れずに!髪型もメイクも「少し地味かな」ぐらいがちょうどいいです!

 

スポンサードリンク







1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です