生活情報

いざという時の為に知っておきたい熱中症対策と応急処置法

更新日:

スポンサードリンク
Pocket

082244
ここ数日30度以上の真夏の様な日が続きましたね。
暑くなると毎日必ず聞くのが

「熱中症で◯人が搬送されました。」

というニュースではないでしょうか?

毎年最高気温が更新され夏は40度を超える地域も珍しくはなくなってきましたよね。
熱中症対策をしている人は多いと思いますが、万が一熱中症になってしまった場合の応急処置法は皆さん頭に入っていますか?

「自分は熱中症対策をしているから大丈夫」と思っている方、

もし自分の子供が、友達が、あるいは通勤途中の駅のホームで隣の人が急に熱中症で倒れたら即座に対処できますか?

熱中症に限らずいかなる病気や怪我も応急処置がしっかりとできていればその後の悪化は防げます。

熱中症対策はもちろん、応急処置法もしっかり覚えて夏本番を迎えましょう!

 


スポンサードリンク

熱中症とは

そもそもなぜ熱中症は起こるのでしょうか?

熱中症とは、熱によって起こるさまざまなからだの不調のことをいいます。暑さによって体温調節機能が乱れたり、体内の水分量・塩分量のバランスが崩れたりすることが原因です。

つまり熱中症には複数の症状があるということですね。

人の体は通常36度〜37度になるように熱を対外に放出して体温を保っています。

  • 体温が上がると血液の流れがよくなります。一度に多くの血液が体中に流れるため一時的に血液が足りなくなり脳に十分な酸素が送られない為酸欠になります。その為立ちくらみや、めまい等を起こします。→熱失神
  • 自力で熱が放出できず熱をため込むと体温がどんどん上昇していきます。そうすると体温を下げようと大量の汗をかき体の中は水分不足になります。水分が無くなると脱水症状を起こし吐き気、頭痛、倦怠感を引き起こします。→熱疲労
  • そして水分と共に塩分も失われるので塩分不足にもなります。塩分が無くなるとけいれんや、手足がつったりします→熱けいれん
  • これらの症状が悪化すると意識障害を起こし倒れ、危険な状態に陥ります。→熱射病

どんな時にどんな人が熱中症になりやすいのか

気温が高い日、暑い場所にいる時、急に気温が上がり暑くなった時は注意しましょう。

外回りの会社員の方、建設業等外で仕事をする事が多い方、スポーツをやる方、子供、赤ちゃん、お年寄りが特に熱中症になりやすいです。

また体調が悪い時や持病がある方も熱中症になりやすいので注意しましょう。

177990

熱中症になった時の対処法

どの症状の場合もまずは涼しい場所に移動させましょう。

  • 熱失神、熱疲労・・・熱を放出しやすいように衣服をゆるめる。水分補給をさせる。症状が回復しないようなら救急車を呼ぶ。
  • 熱けいれん・・・塩分を補給させる。スポーツドリンクを飲ませると良い。
  • 熱射病・・・熱射病の中でも一番重度の症状です。すぐに救急車を呼び救急車が来るまでの間少しでも熱を放出させ体温を下げられるように体を冷やしましょう。首の後ろや脇に濡れタオルをあてたり氷で冷やす。

少しでも熱中症かな?という自覚症状がある場合は無理をせずに涼しい場所で体を休め水分補給をしましょう。
症状が治まらない場合はすぐに病院へ行きましょう。

熱中症にならない為の対策

  • 通気性の良い服装で帽子をかぶる。
  • 外で仕事をする場合やスポーツをする場合ははこまめに休憩をとり水分補給をしっかりする。
  • 睡眠をしっかりとり体調を整える。

熱中症になりやすい子供やお年寄りは周りの方が一緒にサポートしてあげましょう

045417


スポンサードリンク
スポンサードリンク

おすすめ記事

-生活情報

Copyright© 情報mountain , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.