高校生

高校生で車の免許はまだ早い?高3で免許取得した私が解説!

更新日:

スポンサードリンク
Pocket

a5a462235626f7577b03d3d5652febd5_s

「大学入学前に車の免許とりたいな〜。でも高校生で車の免許ってまだ早い?」

 

車の運転免許って、タイミングを逃すとなかなかとりに行けないって言いますよね。

 

私も高校3年生の12月から教習所に通いはじめ、2月に免許をとりました。
私と同じぐらいの時期に、教習所に通っている友達も何人かいましたし、早い子では高校3年の夏休み中に免許をとった子もいました。

 

なので、高校生の間に免許をとる事は「早すぎる」ことありません。

 

高校3年生の冬に運転免許をとった私が、高校生の間に免許をとることのメリット・デメリットを紹介します!

 

スポンサードリンク

メリット

974baab54dc07816debe153c34e3b8ec_s

高校生で免許をとることの、メリットを紹介していきます。

私が実際に高校生の時に免許をとって感じたメリットは、この3つ。

 

  • 学割があるので安く免許がとれる
  • 時間に余裕がある
  • 免許証は身分証明書になる

 

では一つずつ解説していきます!

 

学割があるので安く免許がとれる

通常、教習所に通い運転免許をとる場合30万〜35万程かかります。

高校生の場合は、「高校生割引」がある教習所が多く、通常代金より1万〜2万円ぐらい割引をしてくれます。

 

たった1〜2万だけ!?と思うかもしれませんが、高校生にとってこの金額は大きいです。
私は、バイトをして貯めたお金で教習所に通っていたので、この割引はすごく助かりました。

 

この浮いたお金を、私は教習のオプション代にまわしました。
通常コースでは、「実技の予約がなかなかとれない」ことがあるのですが、私はオプションの短期集中コースにしたので、優先的に実技を受ける事ができました。

結果的に、私より先に教習所に通っていた人よりも早く、教習所を卒業しました。

 

 

時間に余裕がある

私は推薦で大学進学が決まっていたので、高校3年の1月、2月というのは授業がない日が多く時間に余裕がありました。
その為、午前中で学校が終る日が多かったので、午後は教習所に通っていました。

 

この時期というのは、大学受験をする子達は追い込みの時期なので遊びたくても一緒に遊べません。
なので、私のように進学先が推薦やAO入試などで決まっているのなら、空いた時間をバイトについやすのもいいですが、教習所に通うのも一つの手段です。

 

大学生になってからでも時間に都合がつけば、教習所に通う事もできます。
しかし、タイミングを逃してしまうと「教習所に通う時間がない!」ということになりかねません。

よく、「就職後に車の免許が必要」と言って、大学卒業前に慌てて免許をとりに行く人もいますので、時間の融通がきく時に免許は取ってしまったほうがいいです。

 

 

免許証は身分証明書になる

高校を卒業すると、色々な場面で提示を求められる「身分証明書」

居酒屋、クレジットカードの申し込みなど、顔写真付きの身分証明書の提示を求められる事が多くなります。

こんな時は、運転免許証があるとすごく便利なんです。

 

「大学生の間は、運転免許証がなくても学生証があるし平気でしょ?」

と思うかもしれませんが、学生証ではダメな場合もあります。
それに運転免許証をとらずに、大学を卒業してしまうと、「顔写真付きの身分証明書を持っていない!」という状態になってしまいます。

 

 

デメリット

私が感じたデメリットはこの1つのみ。

 

 

早く免許をとったものの、車に乗る機会がない!

 

では解説していきます。

 

車に乗る機会がない

運転免許をとったばかりの頃は、親の車に乗って運転の練習をしていました。
しかし、しばらくすると車には全然乗らなくなってしまいました。

 

なぜかというと、私は神奈川県に住んでいるのですが、車よりも電車のほうが便利なんです。

 

都心に出るにも、電車のほうが便利で早い。
それに車で出かけると、駐車場代が高いので、かえって出費が増えてしまうのです。
そして、高校を卒業し大学へ入学すると、生活が忙しくなり車に乗る機会もなくなってしまいました。

 

私は今年で運転免許証を取得して10年たちましたが、ペーパードライバーです。
ペーパードライバー:車の運転免許を持っているが、全く運転をしなくなってしまった人のこと。

 

一度車に乗らなくなってしまうと、車を運転することが怖くなってくるんです・・・

 

なので、私の運転免許証は身分証明書としてしか機能していません!

 

ちなみに、私と同じように高校時代に運転免許をとった友達が10人いて、そのうちペーパードライバーになってしまった子は私を含め3人です。

 

まとめ

私は高校生の時に車の運転免許をとり、結果的にペーパードライバーになってしまいました。
しかし、高校時代に免許をとったことは後悔していません。

 

なぜなら社会人として働いている今、教習所に通う余裕はないからです。

 

車の運転免許は、時間に余裕がある時にとることをオススメします!
もし、今のあなたに時間の余裕があり「車の免許とりたいな〜」と思う気持があるのなら、すぐにでも教習所に通うべきです!

自動車免許は18歳から習得可能です。
夏休みまでに18歳の誕生日を迎えなおかつ進路が推薦などできまっているならば、夏休みを有効利用して自動車合宿で免許を取るのもおすすめです!

【免許合宿のユーアイならば、全国の合宿免許プランを紹介しています。
しかも、合宿で免許を取るほうが通いに比ベて費用が安いことと、約2週間で教習所を卒業できるので夏休みの半分を合宿、残りを自由に過ごすということも可能ですよ。



高校を卒業したら、高時給のコールセンターのバイトがおすすめ!

コールセンター面接で聞かれる質問内容とは?テストは難しい?

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

おすすめ記事

-高校生

Copyright© 情報mountain , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.