美容

下半身太りの原因とは?脚やせに成功した私がセルライト解消法を紹介します

更新日:

スポンサードリンク
Pocket

ヒーコ
こんにちは!ショートパンツを堂々と履けるようになりたいと思うヒーコです。

 

お風呂に入る時、パンツやスカートの試着をする時、ふと気づいた時に自分の後ろ姿をみて驚いた経験とかありませんか?

わたしは、お風呂に入った時に鏡で自分の裸姿を見て「今日は足がすごいむくんでる」とか「二の腕に肉が付いてきた」とか体のチェックをしています。

こないだお風呂に入った時に「なんか太ってきたな・・・」と思い後ろ姿を鏡で見た時に唖然としました。
太ももの裏にボコボコしたセルライトを見つけてしまったのです!!

ヒーコ
うわっ、ヤバイ!ただでさえ脚が太いのに更に脚が太くなる〜〜〜(涙)

以前脚やせに成功しパンツが2サイズダウンしたわたしですが、油断して今は下半身デブに逆戻り。

さすがにこれ以上脚が太くなるのはまずいと思い、セルライトの原因やセルライトを自力で無くす方法を調べてみました。

わたしと同じようにセルライトで悩んでいる人は必見です!

スポンサードリンク

セルライトとは?

セルライトとは脂肪や老廃物の塊でお尻や太ももの裏にできやすく、ボコボコしていてオレンジの皮のように見えることからアメリカでは「オレンジピールスキン」と呼ばれています。

セルライトはダイエットの敵とも言われ、1度できるとそう簡単にはなくなってくれないのです。

老廃物を溜め込んでいる状態のため放って置くと代謝が落ち、結果として痩せにくい体になってしまいます。
そして、代謝が落ちた体は冷え性やむくみの原因となり、セルライトのついた下半身がどっしりとして見える「下半身太り」の状態となるのです。

セルライトができる原因とは?

ではなぜセルライトができるのか考えていきましょう。
まず、上記の「セルライトとは?」で記述したようにセルライトとは脂肪と老廃物の塊です。

脂肪がつく原因と、老廃物が溜まる原因を突き止めれば新たにセルライトができるのを防ぐことができます。

脂肪がつく原因は、高カロリー摂取と運動不足

脂肪がつく原因はズバリ、

  • 食べ過ぎ
  • 運動不足

この2つです。

摂取カロリーがしっかり消費されていないため、体にどんどん脂肪として蓄積されてしまうのです。

 

食べ過ぎ

「食べ過ぎ」と聞くと、量を多く食べることだと思う人もいるかと思います。
もちろん、量を多く食べることも食べ過ぎの1つです。

しかし、ここでの「食べ過ぎ」とはカロリーをたくさん摂取しているということを指します。

  • 食べる量は少ない高カロリーの物を食べている(脂っこいもの、ファストフード)
  • おやつを欠かさず食べる(スナック菓子や甘い物)

これも「食べ過ぎ」に入ります。

特に、ファストフードやインスタント食品などは脂肪の生成を促進すると言われています。

 

運動不足

高カロリーの物を食べているのに、運動をしないなんて自らデブ街道を選んでいるようなものです。

これはわたしの経験ですが、摂取カロリーが少なく野菜中心の生活をしていても運動不足の場合は太ります!!

つい3ヶ月前、わたしは野菜中心で完食もしない生活を1ヶ月間していました。

ヒーコ
ヘルシーな料理ばっかりだしこの食生活なら太らないだろう!

と思っていたのにその1ヶ月後わたしの体重はなんと3キロ増加。

 

よくよく振り返ってみると、その1ヶ月間確かにヘルシーな食生活をしていたものの、運動を全くしていなかったのです。

どこに行くにも車移動。

日中はパソコン作業。

これではいくらヘルシーな食生活を送っていても、摂取カロリーを燃焼することができないので体に脂肪として蓄積されるのは当たり前ですよね・・・

おかげで、脚とお尻、二の腕に脂肪がつき顔もアンパンマン状態。

老廃物が溜まる原因は?

老廃物が溜まる原因は血行不良によるものです。

「リンパの流れが悪いと老廃物がたまりやすい」という話を聞いたことはないでしょうか?

リンパが老廃物を排出する役目をしているのです。

このリンパ、血液とは違い筋肉を動かすことで流れがよくなるのです。
そのため運動不足の人はリンパの流れが悪くなってしまいがちです。
排出しなければいけない老廃物や水分が体内に溜まり、その結果血行不良が起きむくみや冷えの原因となり脚が太くなってしまうのです。

セルライトの種類

セルライトは4種類に分類されます。

  • 脂肪型
  • 繊維化型
  • むくみ型
  • 筋肉質型

脂肪型

約50%ほどの人がこの脂肪型に当てはまります。

この脂肪型はセルライトの中でも1番脂肪に近い状態のため、ダイエットで1番落としやすいです。

繊維化型

この繊維化型は脂肪型セルライトの進行形です。

そのため、脂肪型よりセルライトの凸凹が目立つ状態となっています。そのため、自分で落とすのは難しくなっています。

むくみ型

脂肪型の次に多いのがこのむくみ型です。

全体の30%の人がむくみ型に当てはまります。
むくみ型は、冷えやむくみが原因で老廃物が溜まっている状態なので体を温め、冷えやむくみを解消してあげることでセルライトが落ちやすくなります。

筋肉質型

激しいスポーツをやっていた人は筋肉質型セルライトに当てはまります。

スポーツをやめたことで、筋肉が脂肪へと変化しセルライトとなってしまいます。

自分で落とすことが1番難しいのがこの筋肉質型セルライトのため、エステなどでプロの施術を受けることで解消することができます。

 

セルライトを自分で解消する

エステに通ってプロの施術を受けるのが、1番手軽で効果が早く出るかもしれませんが金銭的に通い続けることができないという人もいますよね。
実際わたしも「手取り早く脚を細くしたいけど、エステに通うほど余裕がない」人間です。

そんなわたしと同じタイプの人は、コツコツ自分でマッサージをしてセルライトを解消することが1番です。

セルライトをひたすらつまみ、潰す!

これはわたしが実践し、過去に脚やせに成功した方法の一つです。

お風呂に入りながら、ひたすら太もものセルライトをつまみ潰すのです。

 

わたしは昔スポーツをやっていたので確かに筋肉質ではあります。

しかし現在はどちらかというとむくみやすい足なので、湯船で脚を温め血行促進をしながらセルライトを潰していました。

マッサージが効果的

ここでは簡単にできるリンパマッサージを紹介します。

わたしが実践していたのは、こちらのモデルの西内まりやさんの脚やせマッサージです!

少し画質が悪いですが、手をグーにして第二関節を使い脚をひたすらマッサージ。

わたしはこのマッサージを湯船に使っている時と、お風呂上がりにこちらのスリミングクリームを使ってやていました!

バンビウォーターは引き締め効果があるだけではなく、温感ジェルなので塗るとポカポカ暖かくなります。
特に冬は寝る前に使用すると、脚がポカポカして冷え性対策にも!
それに、脂肪が燃焼されている感じも◎

マッサージは痛気持ちいぐらいの強さでやるとちょうどいいですよ!

まとめ

ここまでセルライトの原因と解消法を紹介してきました。

  • 食生活に気をつける
  • 適度に運動をする
  • マッサージでセルライト解消

あとはこの3つをどれだけ自分自身が、継続できるかです。

「継続は力なり」とよく言いますが、脚を細くしたいのなら継続するのみ!

効果が出るまで「もう全然細くならないじゃん!!」と思うかもしれないですが、時間をかけて蓄積されたセルライトを1週間や2週間で解消するのはまず無理です。
根気よく続けて行くことがポイントです。

少しでも脚が細くなってくると嬉しくなってどんどん頑張れるようになりますよ!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

おすすめ記事

-美容

Copyright© 情報mountain , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.